CentOS5のインストール

Linuxっていうと赤い帽子のRed Hatってイメージがあったんだけど、ライセンス料がかかるらしい

そんなお金のない人には、Red Hatから有料の部分を抜いたCentOSがオススメ ( ・∀・)ノ

CentOS公式ページ

基本的にはRed Hatと変わらないらしい (´・ω・`)

公式サイトから、ISOイメージをダウンロードして、CD-ROMやらDVDに書き込む

で、できたディスクをCD-ROMドライブに入れて、パソコンを起動するとインストールが始まるよ

でもLinux用にパソコンを用意できないよぉって人には、バーチャルマシンっていうソフトを使うといいかもね
これなら今 使ってるWindowsの中にLinuxをインストールできちゃうよ ( ̄ー ̄)b

VMWare Server バーチャルマシン

インストール

起動するとこんな画面が出てくるから詳しくない人は、そのままEnterキーを押しとけ


CD-ROMが正しいかどうかチェックしてくれるよ
えらいね




このCD-ROMはいたずらされてないらしい


テストが終わっても、またテストするかって聞かれちゃうんだけど、そこまで慎重派じゃないなら『Continue』を選ぼうね




英語が読めない人にも安心設計
ここからは日本語が選べるにょ


キーボードの種類を選ぶんだけど、意外といっぱいあるんだね


ハードディスクが初期化されるのは覚悟しとけってことかな


こだわり派じゃないアナタはそのまま次へGo!!


データは全部削除されちまうぜ


ネットワークの設定をするよ


住んでる地域を教えてねってことだけど、たぶん時差とかのことかな??


root権限のパスワードを設定してねっ


追加でインストールしておきたいものを選ぶんだけど、あとでもできるからここはパス


『次へ』をクリックしたらインストールが始まるよっ





ファイアーウォールの設定をしないと危険なのです


セキュリティを高くしたSELinuxを使うかどうか


時計を設定してね


自動で時計を合わせてくれるネットワークタイムプロトコル(NTP)を使ったりもできる


ここでroot権限じゃないユーザーを作成しておくこともできるよ


あとで作ることもできるよ


音楽を聞かないならスルー


追加で何か入れる?


てことで完了だお


これでroot権限か途中で作成したユーザーでログインできるよ

メニュー

渋谷・中目黒のプログラマー募集中!未経験OK!