Git 分散型バージョン管理システム

Git(ぎっと)は、CVSやSubversionみたいなバージョン管理の仲間だぉ (^Д^)/

でもSubversionとGitはライオンとトラみたいに、似てるんだけど ちょと違う的な

Subversionが集中型バージョン管理システムで、Gitが分散型バージョン管理システムなんだね

まぁ言葉の通り、集中型はプロジェクト全体でバージョンができちゃうのに対して、分散型はリソースのパーツパーツでバージョンが作れるんだって

それぞれのパーツが別のパーツに依存してるときにはSubversion、パーツがほかに依存してなくてそれだけで成り立っちゃう場合にはGitってことになるのかな

でもGitはマスターリポジトリで全体的なバージョンも管理してるから、Subversion的なこともちゃんとできるように考えられてるんだね

あーんどGitはSubversionと仲良しで、Gitのプロジェクトの中でSubversionを使うこともできるし、逆にSubversionのプロジェクトの中でGitを使うこともできるってー親切設計!!
なかなかやりおる
ぎゅっとくるよね ъ(゚Д゚)グッジョブ!!

だからSubversionからGitに乗り換えるのは大変だなぁって心配はいらないのダ (゚∀゚)!!
(きっと管理者は大変なんだろうけどにゃ)

じゃあさ何が違うのってぇと、こんな感じになるんだてぇあんでぃ

Subversion
リポジトリは一つだけ
コミットしたら即リビジョンに反映される
追加(add)するのは新規ファイルを追加するときだけ
リビジョン番号は数字
リソースは『ローカル( checkout した場所)』と『リポジトリ』の2つ
git
1つのマスターリポジトリと複数のローカルリポジトリ(分散リポジトリ)
コミットしてローカルリポジトリに反映、さらに push するとマスターリポジトリに反映
コミット前には毎回 add する必要アリ
リビジョン番号はハッシュ値
リソースは『ローカル』と『インデックス』と『ローカルリポジトリ』と『マスターリポジトリ』の4つ

メニュー

渋谷・中目黒のプログラマー募集中!未経験OK!